1. TOP
  2. 美白ケア
  3. 足(甲、くるぶし)や膝の色素沈着をケアする美白クリームを選ぶなら、その成分もよく見てみましょう

足(甲、くるぶし)や膝の色素沈着をケアする美白クリームを選ぶなら、その成分もよく見てみましょう

美白にも種類があることをご存知ですか?

 

出来てしまった黒ずみや、色素沈着をきれいにする美白黒ずみ、色素沈着を予防する美白があります。

 

どんなに良い成分の美白クリームを使っても、目的に合った美白クリームを選ばなければ効果は実感できません。

 

美白を始めるには5つの注意点があります。

 

①目的にあった「美白成分」を選ぶ

②極力、紫外線を浴びないようにする

③肌の新陳代謝を上げて、メラニン色素を排出

④摩擦やムダ毛の処理など肌へのダメージを与えない

⑤美白クリームで徹底美白

 

 

見出し

膝にできてしまった色素沈着を美白するものと、色素沈着を予防する美白

 

世の中にはたくさんの美白商品が存在します。
正直どれを使っていいのかわからない。そんな声が多く聞かれる中、美白にもできてしまったシミや色素沈着を美白するものと、それらを予防する美白があります。

 

まずは美白製品を購入する前に、有効な美白成分が入っているかどうかを確認しましょう!

 

 

 代表的な美白成分には種類があります。

・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・プラセンタエキス
・ハイドロキノン
・アルブチン

 

 

 

<成分その1>プラセンタエキスとは

 

プラセンタとは哺乳動物の胎盤のことであり、そこから栄養素を抽出したのがプラセンタエキスです。

 

毛細血管の血流をよくして肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進することで、メラニンを含んだ古い角質がはがれ落ちるのを促します。
それにより、色素沈着してできてしまったシミやくすみなどを改善する働きがあるのです。

 

さらに、プラセンタエキスにはシミの発生を防ぐ効果が期待されています。
メラニン色素のもととなるチロシナーゼという酵素を阻害して、メラニンの生成を抑制する働きがあります。

 

また、抗炎症作用もあるので、ニキビや赤みなどの炎症も抑えます。
さらに肌にうるおいを与えるアミノ酸も多く含まれているので、ふっくらとハリのある肌を目指せるでしょう。

 

 

<成分その2>ハイドロキノンとは

 

ハイドロキノンにはシミの原因であるメラニンを生成する酵素チロジナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素を生成するメラノサイト(色素細胞)そのものに働きかけ減少させる効果を期待することができます。

 

最大の特徴はこれからできるシミを予防するだけでなく、すでにできているシミにも効果が期待できるということです。
しかし、ハイドロキノンについては注意すべき点もあります。

 

ハイドロキノンの濃度が4%以上になると、即効性が期待できますが人によっては赤みが出たり、ピリピリとした刺激を感じる場合があります。
高濃度のものには処方せんが必要になっています。
化粧品で選ぶ際も、濃度5%以下のものを選ぶようにしましょう。

 

また、濃度4%以上のハイドロキノンクリームを使用する際は、肌に合うかどうかパッチテストをおこなってから使用するのが良いでしょう。

 

肌の弱い人は、医師に相談してから使うと良いでしょう。
ハイドロキノンの注意点として配合濃度6%以上は市販品の上限を超えていますので、使用の際は必ず医師の処方・指導のもとで使用するようにしましょう。

 

※配合濃度が表記されていないような商品は避けるようにしましょう。

 

 

<成分その3>ビタミンC誘導体とは

 

ビタミンC誘導体は、角質層への透過を良くし、肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離で酵素反応によってビタミンCに変化し、しかも長時間活性を持続する性質があります。

 

ニキビができる原因となる「皮脂の詰まり」など、過剰な皮脂分泌を減らす作用があります。
使い続けると、ニキビが出来にくくなり肌がなめらかに、やがて毛穴が目立ちにくい、きめの整った肌になります。

 

また、ビタミンCはメラニンの生成を抑え、できてしまったメラニンの色素沈着を改善する効果も期待できます。
活性酸素を抑える抗酸化作用や、コラーゲンの生成促進をサポートするなど、エイジングケアとしても優れた美肌効果があるので、ぜひ取り入れてみましょう。

 

 

<成分その4>トラネキサム酸とは

 

トラネキサム酸には、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用と、炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できます。
具体的には、そばかすや肝斑、老人性色素斑、傷などの炎症後色素沈着といったシミに効果があるといわれています。

 

紫外線を浴びると、シミの原因であるメラニン色素を作らせる指令が、「メラノサイト」という細胞に出されます。
トラネキサム酸は、メラニン色素生成に関わる「プロスタグランジン」などの物質の働きを抑え、シミを予防します。

 

シミや肝斑を薄くするだけではなく、肌荒れ予防にも効果的美白効果のある成分として厚生労働省から正式に承認されています。

 

美白有効成分、ラスター

 

 

<成分その5>アルブチンとは

アルブチンには、メラニン色素生成に欠かせない酵素であるチロシナーゼの働きを阻害する作用があります。

 

これによりメラニン色素の発生が抑えられ、シミの元を減らすという予防による美白効果を期待できます。

 

紫外線を浴びた直後でも、メラニンが黒色化する前であればアルブチンの効果はあると言われているようですが、あくまでも予防に対する効果です。
シミ部分にアルブチンを塗布することで、今以上にシミが濃くなるのを防ぐことはできますが、既にできてしまったシミに対してはその他の美白成分でのケアが必要です。

 

上記のように美白成分には種類があります。
美白ケアを行ううえで目的にあった成分が入っているのかをしっかり確認してから購入するようにしましょう。

 

 

『ラスタークリーム』で美白肌の土台をつくりましょう。

 

普段から肌のコンディションを保つに為に季節によっては油分を多めにしてみたり、保湿化粧水もテクスチャーを変えてみたり・・・とお顔の手入れに関しては皆さん気をつけていますが、ボディケアに関しては、保湿や油分にそこまで気を配ることはあまり無いかと思いますがどうでしょうか?

 

冬になり肌の露出が少ないとなんだか黒ずみお手入れや、ボディケアもさぼりがちという方もいらっしゃるかと思います。

 

もしあなたが「ラスタークリーム」でお手入れを続けてきたのなら、冬の間に「ラスタークリーム」をストップするのは危険です。
なぜなら、冬のお手入れこそが美白の土台をつくるからです。

 

 

気温の低下、湿度の低下、暖房による乾燥に特に注意が必要

 

冬の肌は 気温の低下、湿度の低下、暖房による乾燥の影響を受けて1年の中ではお肌のコンディションが一番悪くなる季節です。

 

気温が低下すると、毛細血管が収縮し血行が悪くなり、肌の新陳代謝が正常に行われない場合があります。

 

また、冬は汗(水分)や皮脂(油分)の分泌量が大幅に減少するため私たちの肌を乾燥や外界の刺激から守ってくれる皮脂膜とよばれる天然の水分や油分が不足します。

 

正常なお肌の状態を維持するためにも美白成分と保湿成分をたっぷり配合された美白クリーム「ラスター」が必要となります。
肌は日々生まれ変わっています。

 

1年を通して「ラスタークリーム」の保湿効果と美白効果でメラニンの生成を抑え、黒ずみや色素沈着のないお肌にしましょう。

 

また、黒ずみや色素沈着は肌の生まれ変わりと共に薄くなります。
入浴時には洗いすぎず、ラスタークリームでしっかり保湿し肌の角質層の状態を良好にしてターンオーバを正常に保ちましょう。
もちろん、規則正しい生活、十分な睡眠、バランスの取れた食事など内面からの美白ケアも忘れずに!

 

ターンオーバー、ラスター

 

 

 

顔や全身の美白ケアなら色素沈着やメラニンを抑制する美白成分の入った「ラスタークリーム」で

 

 

肌内部に夏のダメージが残った状態のまま秋冬に美白ケアを中断してしまうと、肌内部のメラニン生成が再び活性化してしまうため、美白ケアを始める前の肌状態になってしまうかも・・・。

 

夏に受けたダメージがシミ予備軍として今か今かと肌表面に出てくるのを待っています。

 

紫外線は休みなく降り注ぐ年中無休なのです。紫外線対策をさぼりがちな冬こそお手入れが必要。

 

日焼け対策は季節を問わずしっかり行い、肌をトラブルから守りましょう。

 

寒い季節だからこそやっておきたいシミを防ぐ冬のスキンケア、手遅れになる前にしっかりアンチエイジングをしましょう。

 

せっかく美白ケアを続けて良い肌質を保ってきていたのに冬だからと油断をして美白ケアをやめてしまうと、夏に続けてきた美白ケアが台無しになってしまいます。

 

 

ラスターには5つの優れた美白成分が入っています

 

5つの美白成分はすべてメラニン抑制効果を発揮します。

 

・メラニンブレーキ成分(アルピニアカツマダイ種子エキス)
・メラニン抑制成分(トラネキサム酸)
・色素沈着抑制成分(党参抽出物加水分解液)
・ターンオーバー正常成分(グリチルレチン酸ステアリル)
・高浸透ブースター成分(油溶性甘草エキス)

 

これら5つの美白成分が肌の奥まで浸透して美白への効果を高めてくれます。

 

luster、美白

 

 

乾燥で顔や手のシミが悪化する!? 乾燥とシミの相関関係について

 

シミやくすみの原因は冬の乾燥

 

夏の強い日差しもなくなり、過ごしやすくなり、多くの人が美白ケアをやめてしまいがちな冬。

 

でも、そんな季節こそ要注意なのです。
夏の努力を無駄にしないために、冬でも美白ケアは必須です。
シミやくすみのある肌は、つやのない老けた印象にもなってしまいます。

 

美白も保湿も両方できる「ラスタークリーム」で、年間を通してお手入れを継続して行うことが大切なのです。

 

肌をゴシゴシこすったり、たたいたりといった刺激はシミの原因になると言われていますが、乾燥した肌も、シミが悪化する原因になってしまうそうなのです。
シミのない透明感のある肌のために必要なのは「紫外線対策」「保湿」「美白ケア」の3つ。

 

この中で、「美白」は秋冬になると手を抜きがちになるお手入れですが、いつまでも若々しい肌のために美白ケアは絶対に必要なお手入れなのです。

 

 

乾燥は肌のくすみに直結していることがよく知られています

 

肌がくすんでしまうということは、肌の透明感が失われてしまうということ。
くすみだけではなく、シミも目立ちやすい肌になってしまうということです。
ただでさえ乾燥しやすい秋冬の季節ですから、美白ケアをしないことで、シミの元がどんどん活性化してしまうのです。

 

美白ケアはやめてしまうと「シミ・リバウンド」をもたらしますが、続ければ続けるほどきちんと答えてくれるやりがいのあるお手入れでもあります。

 

冬もしっかり美白ケアを続け「シミ・リバウンド」を防ぐことで、明るく透き通ったみずみずしい肌をキープしていきましょう。

 

「乾燥させない・こすらない・滞らせない」という美白3原則をしっかり守ることが大事なのです。
「ラスター」で紫外線対策はもちろん保湿と美白ケア、この3点セットがシミ・リバウンドを防ぐ秘訣です。。

 

ラスター、美白

 

 

 

 

 

全身の美白のすすめに『ラスタークリーム』

 

 

日常生活の習慣や、紫外線などの影響で、全身の中でも特に黒ずみや色素沈着ができやすい部分はあります。
「ラスタークリーム」は特に角質が固く黒ずみが解消されにくい「膝下や、くるぶし、肘などの美白クリームが欲しい」という声に答えて誕生しました。

 

それぞれのパーツだけではなく、デコルテやヒップ、背中など、全身の美白に「ラスター」が使えるということをご存知ですか?

 

「ラスタークリーム」には、お肌の漂白剤と言われるような「ハイドロキノン」などの刺激のある成分は含まれていません。

 

天然由来の刺激が少ない成分を主に配合し、美白成分以外にも保湿も期待できる成分(年齢と共に減っていってしまうのが顕著なセラミド3)が含まれています。
だから顔はもちろん、全身の美白にもおすすめ出来るクリームなのです。

 

黒ずみを解消する美白のシステムは皮膚の部位にかかわらず一緒です。
ただ、『美白』=肌のを白くしていくと思われがちですが


「ラスタークリーム」は肌を保湿してターンオーバーサイクルを整える

        ↓↓
「ラスタークリーム」の美白効果を発揮して今ある黒ずみを解消
        ↓↓
「ラスタークリーム」でメラニンの活性化を抑えてこれからできる黒ずみを予防する

 

このかたちが「ラスター」の『美白』だと考えています。
肌のターンオーバーは年齢+28日(例えば現在30歳なら58日)が一つのサイクルと言われています。
だから黒ずみを解消するには時間もかかるのです。

 

これからできる黒ずみや色素沈着を予防したい!今ある黒ずみや色素沈着をを薄くしたい!

 

この両方をかなえてくれるクリームが、全身美白にも使える美白クリームラスターなのです。


ラスターは時間がかかっても、肌の状態を良好にしていく事を
目的とした美白クリームです。

 

「デコルテが艶々に!堂々とドレスを着る事ができます!」
「うなじから肩にかけてのの日焼けが気になって・・シミにならないようにとラスターを塗っています。」
等の声もいただいています。

 

継続は力なりです。
多くの方が「ラスタークリーム」での美白を実感していただいております。

 

 

 

 

『ラスタ―クリーム』+αで全身美白

 

 

膝下、くるぶしはもちろん全身の美白にも使えるクリーム「ラスタークリーム」ですが、より一層効果を感じていただくためにも日常生活でも気を遣うことが大切です。

 

★入浴時のタオルでのゴシゴシ洗いはお肌の乾燥や色素沈着の元!

 

皮脂を落とし過ぎないように泡立てた石鹸を手に取り、全身を優しく泡で撫でるようにお肌を洗いましょう。
お肌の乾燥を防ぐことが、美白への第一歩です。

 

お風呂上がりにはすぐに保湿効果のあるクリーム「ラスター」を全身に(特に黒ずみが気になるパーツは重点的に)しっかり塗りましょう。
(「ラスタークリーム」には保湿効果のあるスクワランや歳と共に年々減少する保湿成分、セラミド3が配合されています。)保湿は美白への絶対条件!

 

色素沈着、美白、ラスター

 

★紫外線対策を心がけよう

 

UVクリームを塗る、帽子をかぶる、できるだけ肌の露出をしないなど全身の美白の為には、紫外線対策をしてお肌を守りましょう。
「ラスタークリーム」にはメラニンにブレーキをかける天然成分アルピニアカツマダイ種子エキスが配合されてます。
UVクリームを塗る前に「ラスタークリーム」を塗りましょう。

 

 

寝不足は正常なターンオーバーの働きを阻害します。

 

睡眠中は、美肌に不可欠な成長ホルモン(若返りホルモン)が多く分泌されます。
脳下垂体から分泌される成長ホルモンは、皮膚組織の修復や再生皮下組織の水分維持、肌のターンオーバー(新陳代謝)の促進など若々しい肌をつくり、それを維持するために重要な役割を担っています。

 

この成長ホルモンの分泌が活発になり、分泌量が急増するのが、入眠してから3~4時間の熟睡時。肌の新陳代謝が活発に行われることから、この時間は肌のゴールデンタイム(シンデレラタイム)とも呼ばれ美肌づくりに重要な時間と言われています。

 

けれども寝不足や浅い眠りが続き、睡眠の質が低下しているときはホルモンの分泌が活発にならず、成長ホルモンの分泌量は減少します。
すると皮膚細胞の修復や再生が乱れ、ターンオーバーにも悪影響が。

 

肌の新陳代謝がスムーズに行われず、古い皮膚細胞がそのまま表皮に蓄積されることになり、ニキビや乾燥などの肌荒れ、シミ、シワなど様々な肌トラブルを招いてしまいます。

 

最低6時間以上の睡眠で肌の再生力を高めましょう!
「ラスタークリーム」にはグリチルレチン酸ステアリルというターンオーバーサイクルを整え、皮膚を正常な状態に戻しメラニン色素の蓄積を防止しする成分が含まれています。

 

 

★喫煙はもちろん、過度の飲酒も肌には大敵です。

 

タバコの成分(活性酸素)が皮膚内(真皮層)に侵入すると老化の元凶物質「活性酸素」が発生。
皮膚の真皮層にありハリやツヤの元になるコラーゲンやエラスチンの産生力が低下したり、皮膚の結合組織の破壊が起こります。

 

→深いシワが刻まれてしまう。睡眠不足→肌荒れや老化につながるのです。
また、過剰な​アルコール摂取による肝臓の酷使は酸素を大量に消費し活性酸素が生まれます。

 

この過剰な活性酸素の増加は肝臓を酸化(錆びつかせ)てしまいます。
肝機能の低下は全身の老化につながるのです。

 

肝臓が疲れ肝機能が低下すると「グルタチオン(黒色メラニンの活性化を抑える)」
成分の生成が行われず、メラニン色素が残りやすくなってしまいます​。

 

アルコールを飲むと睡眠の質が下がります。
睡眠中、特に23時から2時は肌のターンオーバーや成長ホルモンが活発に分泌される大切な時間です。
その時間の睡眠の質が下がることで肌荒れや老化が進んでしまうのです。

 

アルコール、メラニン

 

 

★バランスのとれた食生活。

 

例えば、タンパク質が不足すると角質細胞の生まれ変わりが正常に行われず、ターンオーバーが遅れがちになります。

 

またそれに付随して、お肌の水分保持力が落ちてしまい肌の健康な状態が保てないようになってしまうことも・・・

 

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン類、亜鉛や鉄などのミネラル分などバランスがとれた食生活を続け、「ラスタークリーム」で外側からケアすることと同時に、内側からもちょっとした心がけが美白の結果につながります。

 

逆にいうと、せっかくラスターで肌がやわらなくなり、肌の質感が変わってきたことを感じ、美白への準備が整っても、乱れた食生活や睡眠不足などの不摂生が過ぎると結果が出るのに時間がかかってしまい、その間にあきらめてしまう。。。
このように、全身美白のためには日頃からの心がけも大切なのです。

 

 

 

膝下の黒ずみ以外の、ボディーケアに使っている方も増えています。

 

 

一言ずつのご紹介しましょう。

 

【膝下に使っている方】

 

・初めて使った翌朝、肌の潤いが違いました。

・固く黒ずんでいた膝の角質が柔らかくなってきました。

・膝から足先にかけての肌がすべすべになってきました。

・40代半ばまで悩んでいた膝の黒ずみが少しずつ良くなっていくワクワク感を体験できました。

 

・膝の黒ずみに効果を感じるまで半年はかかりましたが、このクリームに出会えて良かったと思います。

 

・膝下の美白専用のクリームって初めて出会いました。
黒ずみが気になっていてあきらめかけていたけど、しっかりとケアするうちにひざ下の黒ずみが少しずつ薄くなってきて効果を実感しています。

 

足、色素沈着、美白

 

【ボディーケアに使っている方】

 

・お尻のザラザラが無くなり、 すべすべで肌触りがすごく良くなりました。

・脇の黒ずみが薄くなってきて、つるすべ肌になってきました。

・手の甲のシミと昔の傷跡が気にならないくらいに薄くなってきました。

・朝晩、顔にも使い始めたところ何週間か経つうちに肌の表面がフラットな感じに・・・その後、肌のトーンが明るくなってきました!
こんなクリーム初めてです。

 

等・・・膝の黒ずみ以外にも使っていただける優秀な美白クリームです。

ラスターを塗ってからマッサージしている方 は

・足がむくみにくくなってきました。

・冷えが軽減されてきました。

・マッサージ後は足が軽く感じます。

・伸びが良いので美白しながらマッサージ出来るのが嬉しい!

 

等、多くの方に喜びの声をいただいております。
あなたも「LusTer」の効果を実感いただけましたら是非、感想をお聞かせください。
これからも、少しずつですが、お客さまの声をご紹介します。

 

※体験談は使用者個人の感想であり、効果を保証するものではありません

 

 

 

 

美白するためのには黒ずみや色素沈着の原因もみてみましょう

↓↓↓

足(甲、くるぶし)や膝の黒ずみ・色素沈着の原因はこれだった!美白するにはどうしたらいい?治し方はある?

 

\ SNSでシェアしよう! /

え?知らなかった!美白にも種類がある?美白予防と美白ケアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

え?知らなかった!美白にも種類がある?美白予防と美白ケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 肌におすすめのスキンケアの方法とは?美白対策はラスタークリームで!2018年7月

  • 足や腕の色素沈着や黒ずみにも効果があるクリームは美白もできる?色素沈着を治す方法は?市販で手に入る?

  • 色素沈着した黒ずみ足に効果を発揮する美白クリームは顔にも使える。2018.7月

  • 足の色素沈着した黒ずみを改善する美白商品を選ぶポイントは口コミやランキングサイトだけではわからない 2018.6月