1. TOP
  2. 美白体験談
  3. 肌におすすめのスキンケアの方法とは?美白対策はラスタークリームで!2018年7月

肌におすすめのスキンケアの方法とは?美白対策はラスタークリームで!2018年7月

美白ケアをするなら季節に合ったお肌対策を!

 

春になると冬に比べて紫外線量が急に増えてくるので、お肌のお手入れには気をつけないといけません。

 

春は暖かいイメージがありますが、昼夜の寒暖差があり、日中はとても暖かいのに、夜は急に寒くなるという季節の変わり目の時期です。
気温の差が激しいと体調の変化と同時に、肌の油分と水分のバランスも崩れやすくなります。

 

そのため、肌のバリア機能が低下し肌トラブルが起きやすいのです。
さらに気温の上昇にともなって皮脂の分泌量も増えたり、新陳代謝も活発になり肌が汚れやすくなります。

 

無防備なお肌ほど怖いものはありません。
夏に向けて本格的な紫外線からお肌を守る方法は、ラスタークリームで基礎肌力を春のうちにしっかりと整えておく必要があるのです。

 

春になると冬に比べてついついスキンケアを怠りがちですが、春もまだまだ湿度は低いので、お肌が乾燥しやすい状態です。
冬と変わらない保湿ケアを引き続き続ける必要があります。

 

一年を通して、季節の変わり目はお肌のバランスは崩れやすいもの。
自分自身の肌の状態を良く知り季節に合ったスキンケアをすることがとても重要です。

 

お肌にとって最も重要なのは保湿です。
たっぷり化粧水を浸透させ、肌に水分を行き渡らせるようにしましょう。
また、水分が行き渡ったお肌の水分をしっかりと閉じ込めてくれる『ラスタークリーム』がおすすめです。

 

せっかく水分を与えたお肌の水分が蒸発しないようにラスタークリームでしっかりフタをしてください。
ラスタークリームには5つの優れた美白成分が入っています。
つまり、美白対策は一年を通してしていかなくてはいけないスキンケアなのです。

 

 

 

ピンポイントでも美白効果を実感出来るって信じますか?

 

ラスターを定期購入されているお客様よりいただいた「頑張って美白対策します!」という言葉や、「こんな風に変化がありました!」という声をお届けします。

 

皆さんある程度、長い期間ラスターの定期購入を続けられて膝の黒ずみだけでなく、色々なパーツで効果を実感されています。
是非、参考にしてください。

 

————————————————————————————

 

K.H様

ひざ、肘の黒ずみは良くなっています。
この時期(冬季)にはラスタークリームでのスキンケアを少しさぼりがちになりますが、また、春に向けて美白ケア頑張ります。

 

S.M様

コテで髪を巻くときに頬に火傷していまいました!
傷跡のように残ってしまうかも?
と思ってましたが一日数回、毎日ラスタークリームを塗り続けているうちにすっかり元通りです。とても綺麗になり驚きました!!

 

Y.S様

子供のころに転んだ時に出来た足の傷跡にも付け始めて約1年8ヶ月です。
1つの傷の部分は肌色になりました!根気よくラスタークリームを塗り続けて良かった!!

 

T.H様

足の黒ずみの他、ニキビ跡の黒くなった部分にラスタークリームをつけています。
いろいろな黒ずみに効果があるのがうれしいです。

 

M.M様

春の紫外線が強くなる時期にラスタークリームを塗って日焼け止めを塗るとお肌への負担も軽減できて一石二鳥です。
ラスタークリームは美白対策に必須です!

 

※体験談は使用者個人の感想であり 効果を保証するものではありません

—————————————————————————————

◆K.H様はまた春に向けて気合を入れたようですね。

◆T.H様、Y.S様はピンポイントで気になる黒ずみに使用していただいているようですね。
S.M様も綺麗に火傷跡が綺麗に治ったとのこと・・・
M.M様は春の美白対策にラスタークリームをうまく取り入れてくれていますね。

 

皮膚科などでも処方されているメラノサイトの活性化を抑制する作用がある「トラネキサム酸」を配合しているので、美白はもちろん、傷痕の色素沈着にも効果を発揮していると思われます。

 

足、色素沈着、ケア

 

 

————————————————————————————————-

 

K.M様

ラスターを使い始めて2年、はじめはくるぶしの黒ずみに使っていました。

 

くるぶし以外に手の甲のシミが気になっていて、でも、すごく一生懸命にラスタークリームを塗っていたわけではなく・・・

 

気が付くと、いつの間にか直径5mmくらいの大きいシミが薄くなっていて、その他に点々と散らばっていた小さいものは、ほとんどわからないくらいに薄くなっているのにびっくり!

 

お風呂上がりにくるぶしや顔など他の部分に塗った後に手に残ったラスタークリームを何となく塗り込んでいたので、<お手入れしている>という実感は、ほとんどないほどです。

 

手の甲のシミって年齢を感じさせるものの代表だと思っていたので、薄くなっていることに気が付いた時には本当に嬉しかったです。
「継続は力なり」を実感しています。

 

————————————————————————————————–

※体験談は使用者個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

 

 

◆ラスタークリームが毎日の習慣になっているスタッフは「気が付かないうちにシミが薄くなっている」というのは何だか分かる気がします。

 

続けることは難しいことですが、歯を磨いたり、洗顔などと同じようにラスタークリームでのスキンケアが習慣になっているからこそ<気が付かないうちに>という感覚がぴったり当てはまるのでは?

 

ラスタークリームの効果を実感するには、1回の塗る量というよりも、何回かに分けてこまめに数回塗ることと、何より大切なのは毎日しっかりと継続し続けることです。

 

塗り忘れが続いてしまったらせっかく効果も半減!

 

保湿効果があり、伸びが良く、刺激もないので安心して使っていただける『美白クリームラスター』
一人でも多くの方にラスタークリームでのスキンケアをおすすめ致します。
そして、ラスタークリームの効果を実感していただきたいです!!

 

 

 

『ラスタークリーム』には5つの優れた美白成分が含まれています。

 

・メラニンブレーキ成分(アルピニアカツマダイ種子エキス)
・メラニン抑制成分(トラネキサム酸)
・色素沈着抑制成分(党参抽出物加水分解液)
・ターンオーバー正常成分(グリチルレチン酸ステアリル)
・高浸透ブースター成分(油溶性甘草エキス)

 

『ラスタークリーム』でのスキンケアを続けることによって、肌が安定した状態を保てるようになります。
ゆらぎ肌にはあれこれいろいろ付けるスペシャルなケアよりもシンプルケアの方がおすすめです。

 

不安定になっているお肌に、多種類の保湿アイテムを重ねるとかえってお肌に負担をかけてしまう恐れがあります。
お肌には層があり、それぞれに役割があるのです。

 

 

○真皮の力(細胞産生力)

 

真皮層には肌のハリや弾力を保つコラーゲンやエラスチンみずみずしい潤いを保つヒアルロン酸が多く含まれています。

 

これらの美肌成分を作り出すのが「線維芽細胞」。
線維芽細胞が加齢や紫外線によってダメージを受けてしまうとシワやたるみの原因となります。

 

ハリや弾力をキープしいつまでも若々しいお肌を保つためには、肌内部の線維芽細胞が活発に働いていることが重要なのです。

 

 

○表皮の力(ターンオーバー)

 

肌の細胞は日々生まれ変わっています。
表皮の一番下にある「基底層」で生み出された角質細胞は、およそ14日間かけて押し上げられ、さらに一定の期間(約14日間)が過ぎると、アカとなってはがれ落ちていきます。

 

この肌が生まれ変わるサイクルをターンオーバーと言い、加齢やストレスなどで代謝(ターンオーバー)が低下すると、このサイクルが乱れ40~45日とどんどん伸びてしまいます。

 

若いころに比べ傷が治りにくく感じるのはこのためです。
基礎肌力が高い状態とは、ターンオーバーが順調で理想の28日周期である状態だということです。

 

 

○角質層の力(保湿とバリア機能)

 

角質細胞には細胞内に潤いをたくわえるNMF(主にアミノ酸から構成される天然保湿因子)があります。
このNMFや細胞間脂質(主な構成成分はセラミド)は水分を保持してみずみずしいうるおいのある肌をたもっている他、さまざまな刺激から肌を守るバリア機能を持っています。

 

角質層の状態をととのえることは基礎肌力の維持にとっても重要な要素だといえます。

 

加齢とともに低下する肌の機能は生きていくうえで防ぐことができません。
『ラスタークリーム』を使うことによって肌年齢を少しでも若く保つお手伝いができたらと心から願います。

 

『ラスタークリーム』は肌力を培って美肌作りをサポートいたします。

 

luster、美白

 

冬こそラスターで全身の美白対策を

 

 

夏の間は紫外線量が多いため日焼けを気にして美白対策を一生懸命にやりますが、冬になったとたんに美白対策をやめてしまう方がいます。

 

せっかく良くなった膝の黒ずみも美白対策の為のクリームを塗るのをやめてしまうと、また、同じところに黒ずみができてしまうというリバウンドがあるのです。
薄くなった黒ずみやシミには引き続き美白対策とケアが必要なのです。

 

冬になったからと言って紫外線がなくなるわけではないのです。
紫外線量が減る冬こそしっかりと美白対策をする必要があるのです。
夏の間に受けたダメージをしっかりと美白ケアをしなくてはいけない。

 

そして、翌シーズンの紫外線量が増える前にお肌の状態をベストな状態に準備しておかなければいけないのが冬の時期なのです。

 

紫外線が少ない冬こそ、新たなメラニンを作らず、できてしまったメラニンをしっかりと押し出してしまうチャンスです。

 

しっかり美白ケアをして、夏できたメラニンをきちんと排出しておきましょう。
そのためには「ラスター」で肌のターンオーバーを促し、整えてあげることが大切。
「ラスター」にはトラネキサム酸、グリチルレチン酸ステアリル、アルピニアカツマダイ種子エキス、党参抽出物加水分解液、油溶性甘草エキスという5つの美白成分が含まれています。
これらが肌状態を良好に導き整えます。

 

冬の間、ラスターで良好に保たれたお肌は、春を迎えるにあたってゆらぎ肌といわれている不安定なお肌の変化も、いちはやくキャッチすることができます。

 

ラスターでお肌のバリア機能を良好な状態に保てているからこそ春の強い紫外線やお肌への刺激に対して戦うことができるのです。

 

 

 

冬ぐすみは血行不良と乾燥、そして夏の間に排出しきれなかったメラニンが原因。

 

お肌はたっぷり潤いで満たされていれば、光を透過してイキイキとした透明感が生まれるのです。

 

ところが血行が悪くなって乾燥すると光が十分に透過せず、角層のグレーやメラニンの茶色が濃くなるため、どんよりとした肌色に。。。

 

冬は気温や湿度が下がるため、体の冷えや代謝の衰えで血行が悪くなり乾燥もしがち。

 

そのためくすんで疲れた顔に見え、若々しい印象も損なわれてしまうのです。

 

冬場は気温も低めなので入浴後などお肌が温まった状態にお手入れをするとより効果的です。

 

「ラスター」を塗る前に化粧水でしっかりと水分を与えて保湿をしましょう。
その後にマッサージしながら「ラスター」でフタをしてください。

 

冬にお肌の全身美白ケアと対策を行うと春に向けて肌の露出が増える頃には、自身を持ってオシャレを楽しむことができます。
「ラスタークリーム」で美活をして美肌をつくりましょう。

 

%e5%86%ac%e8%82%8c%e7%94%bb%e5%83%8f

 

 

 

 

乾燥を防いでUV対策

 

 

ラスターの使い方ワンポイントです。

 

★紫外線が強くなる季節のワンポイント

UVクリームを塗ると肌が乾燥してしまう方いらっしゃいませんか?

 

特に高SPFのものなど・・・
そんな時はUVクリーム前のベースにラスターを塗ってみましょう。

 

UVクリームに含まれる成分として、紫外線を吸収して紫外線が肌に浸透するのを防ぐ、紫外線吸収剤、紫外線を反射し散乱させる、紫外線散乱剤、特に紫外線散乱剤は皮脂や水分を吸収するので、直接乾燥の原因になることもあります。

 

また、汗や水でクリームが流れ落ちてしまわないようにするセルロースなども乾燥の現原因に・・

 

 

UVクリームを塗る前になぜラスタークリームを塗るのがおすすめなのか?

 

それは、美白成分の他に保湿成分スクワランとセラミドが配合されているからラスタークリームは角質層から肌を潤してくれるので、肌を乾燥から守ります。
もちろんUVクリームも刺激の少ない成分を配合しているものを選ぶのも大切です!

 

 

【UVクリームを選ぶ時の目安】

 

日常生活(洗濯物干し・買い物・散歩等)・・・SPF10~30 PA+~++
屋外でのレジャー・スポーツ・・・SPF15~30 PA++~+++
炎天下での仕事・レジャー・スポーツ・・・SPF30~50 PA+++~++++
どうでしょう?

 

自分の生活パターンと比較してみて下さい。
これを参考にすると普段の生活には SPF10~30 PA+~++
で十分ではありませんか?

 

あとは、こまめに塗りなおすなどの工夫で紫外線対策をしましょう。

clouds-429228_640

 

 

お肌には適度な刺激も必要です

 

ここでワンポイントをもう一つ。皆さんはラスタークリームを塗る時に他のアイテムを併用していますか?

 

肌が特に乾燥している場合はラスタークリームを塗る前に、 保湿として化粧水やオイルをお使いいただくことをおすすめしています。

 

時々、この化粧水やオイルを塗る順番を変えて使ってみるのもいいようです。

★ラスターを塗ってから化粧水

★ラスターを塗ってからオイル

 

こんな感じですね。
いつもと同じお手入れだと肌が慣れてしまうので、時々は こんな風に順番を入れ替えてあげると 適度に肌が刺激されて良いようです。

 

1日2回のお手入れのうち1回だけでも取り入れてみてくださいね

 

 

 

春の肌がトラブルを起こしやすいのはなぜ?

 

春の肌トラブルについて、とある皮膚科医が、「ストレス」と「紫外線」をうるおいラスター4.1とくに注意すべき要因として挙げています。

 

春は入学や入社、異動・昇進など生活環境の変化から多くの人が「ストレス」を感じやすい季節です。

 

調査でも、ストレスが最も多い季節は春という回答がいちばん多くストレスを感じている人ほど、春に肌トラブルを感じる割合が高いという結果が出ています。

 

紫外線は、メラニン色素を生成し「シミ」や「日焼け」を引き起こすほかコラーゲンやエラスチンを破壊します。

 

これが、「シワ」や「たるみ」につながり、肌を老化させます。
また、春の紫外線に注意すべきもうひとつの理由として“血管力”との関わりがあります。

 

肌の角質には、紫外線を受ける量が多くなると、自ら厚みを増して肌を守るという、環境への適応力があります。

 

しかし、「血管力」が低下するとターンオーバーがうまくいかなくなり、未熟な角質が出来てしまいます。
すると肌のバリア機能が低下し、紫外線の影響を受けやすくなるのです。

 

春は「血管力」を低下させるストレスを感じやすいだけでなく、紫外線対策への意識も低く充分にケアされていないため、肌は二重のリスクにさらされているといえます。

 

そんなストレスを抱えた肌をやさしくケアをするおすすめクリームが『ラスタークリーム』です。
『ラスタークリーム』には優れた美白成分が入っています。

 

5つの美白成分はすべてメラニン抑制効果を発揮します。

・メラニンブレーキ成分(アルピニアカツマダイ種子エキス)
・メラニン抑制成分(トラネキサム酸)
・色素沈着抑制成分(党参抽出物加水分解液)
・ターンオーバー正常成分(グリチルレチン酸ステアリル)
・高浸透ブースター成分(油溶性甘草エキス)

 

 

『ラスタークリーム』は春の紫外線や乾燥からお肌を守ってくれます。

 

化粧水などでお肌に水分を与えたあと、『ラスタークリーム』でフタをするようにスキンケアをしていただけましたらお肌に潤いが保たれます。

 

膝やくるぶし以外にも全身にお使いいただけるクリームですので、朝晩のお手入れはもちろんプラス昼間にも塗ってみてくださいね。

 

肌は体の一番外側で、紫外線やウィルスや細菌などの微生物科学物質の 刺激などの体の外側からのダメージから日々守ってくれています。

 

肌が受けたダメージは酸素や栄養が肌の細胞に行きわたり、新しいきれいな肌を作り上げ古い角質が剥がれるターンオーバーの働きで回復していきます。

 

自律神経が乱れるとなぜ肌荒れになるのでしょうか

 

春は気温の変化やストレスにより自立神経が乱れ、肌の新陳代謝が低下して、バリア機能が乱れています。

 

自律神経が乱れると新しい綺麗な肌を作るターンオーバーが乱れ、カサカサで潤いのない肌を作り上げてしまい肌荒れとなってしまうのです。

 

新しいきれいな肌を作り上げるのは夜、睡眠中に活発に作られますが、自律神経が乱れる事によって不眠になったりと質の良い睡眠をとる事が出来なくなります。

 

日中に副交感神経が過剰にはたらく事によって意欲が低下し、食欲不振や活動的に体を動かす事が出来なくなります。

 

活動的でなくなると栄養を十分にとったり、体をうまく働かせられないので、血流が低下し栄養を体のすみずみまで運べなくなってしまいます。

 

また、呼吸の回数が減ったり、心拍数が減るので、酸素を体の細胞のすみずみに行きわたらせる事もできなくなります。

 

疲労物質が体にたまり、肩こりなどの影響で血流が阻害され、体の細胞の栄養状態、呼吸状態が悪くなってしまいます。
自律神経は、ストレス、環境の変化、不規則な生活習慣などによって乱れてしまいます。

 

特にストレスは、自律神経に最も作用しやすい要因なので、日常生活の中でストレス対策を心がけるようにしましょう。
自立神経のバランスを整えるには、お風呂にゆっくり入って心身をリラックスさせたり、十分な睡眠をとって体をリフレッシュさせることが効果的です。

 

敏感肌とストレスは一見関係ないように見えるかもしれませんが実はとても大きな関係があります。

 

ストレスを溜めない生活はもちろんですが、毎日『ラスタークリーム』を塗り全身をマッサージすると心もリラックスできます。
『ラスタークリーム』で心とお肌をいたわり、美肌をめざしましょう。

 

美肌、ラスター

 

乾燥する季節には紫外線対策は保湿とセットで!

 

 

日焼け止めを選ぶ基準値は、冬でも日常生活であればSPF10~20程のものを使っていれば十分。
ただし、春夏と大きく違うのは、日焼け止めを塗る前の肌状態。
ただでさえ、空気が乾燥する季節です。

 

肌の潤いの要となるのが「セラミド」です。
「ラスター」には保湿成分セラミドが含まれています。

 

セラミドは元々人の肌表面の角質層や髪に含まれており、肌を保湿し、メラニン色素の合成を抑えて紫外線による肌の老化を予防する働きも持っているそうです。

 

セラミドが少なくなってしまうことで肌のバリア機能が十分に働けなくなってしまい、外部から受ける刺激や乾燥などに弱くなってしまうのです。

 

このセラミドはどうしても加齢によって減少してしまうためにスキンケアや食事から補う必要があるのだそうです。
ただ、現段階ではまだ経口からのセラミドの摂取による効果は研究段階にあり、確実かは分かっていないようです。

 

そのためセラミドは「スキンケア」から取り入れる方が有効的と言われているそうです。
手軽に潤いを肌に与える方法としておすすめなのがラスタークリームで保湿。

 

是非その良さを知って毎日のスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか?
化粧水などで肌に充分な保湿をしてから「ラスタークリーム」でフタをするような感じで塗っていただき、日焼け止めを塗るという形で乾燥させない工夫をすることがポイントです。

 

カサカサした肌で紫外線を浴びることは、体力不足でハードな運動をするようなもの。
それこそ紫外線の餌食です。
受けるダメージを最小にするためにも、季節の変わり目の乾燥や紫外線対策は保湿とセットで行いましょう。

 

セラミド、ラスター

 

 

足いろいろな部分の黒ずみや色素沈着を美白するなら

こちら↓↓↓

 

足(甲、くるぶし)や膝の黒ずみ・色素沈着の原因はこれだった!美白するにはどうしたらいい?治し方はある?

 

 

理想の美白肌を手に入れるためにやるべきこと

 

あるアンケートで、理想のお肌とは?
と言う質問に、理想の肌は美白と答えた人が全体の半数以上でした。

 

Q:そのためにはどうしたらいいか

A:基礎化粧品にこだわる

 

Q:理想の肌のために、今こころがけていること

A:毎日のケアを怠らない

 

Q:セルフケアで限界を感じたこと

A:毛穴の汚れ、古い角質がとれない

 

 

多くの女性が肌に対する悩みを抱えています。

 

しかし、どんなケアを始めても言えることは、美白とは一発逆転で結果を出すものではなく、根気よく使い続けて結果が出るもの。
美白化粧品で元の肌色に整えつつ、シミやそばかすを増やさないように防いでいく、ということを念頭に使い続ける必要があると考えましょう。

 

まずやるべきことは、美白ケアを始めたら、そのケアを習慣づけることが大切です。
習慣になり、それを継続することによって、効果が実感できる。ということになります。

 

1年以上ラスターを続けているラスタースタッフの美白体験談をご紹介します。

 

懐かしい人の衝撃的な言葉

 

flowr cafe hanna には、仕事と家庭を両立されているような忙しい世代が多く来店されています。

 

そんな中のお一人、数年振りに実店舗へご来店をいただいたお客様、Mさんからスタッフに向けられた言葉・・・
MさんはスタッフKの事も以前からよく知っていて懐かしい顔に出会い感激の時間を過ごしました。

 

久しぶりに会ったスタッフを見ての一声が「Kさん肌の色、白くなりましたね、久しぶりにお会いしてビックリしました。」とおっしゃったんです。

 

いつも顔を合わせているスタッフ間ではなかなか気づきずらい肌色の変化に、お客様が気づいて伝えてくれたことが、私達スタッフではある意味、衝撃的でした。

 

スタッフKは日々のジョギングを欠かさないでいます。
秋から冬にかけてのシーズンには、まだ、肌に夏場の日焼けが残っているそうです。

 

でも、今季は肌のコンディションが違うと言っていました。
いつもとの違いはたった一つ、「UVクリームと併せてラスターを塗っていた」ということです。
使用方法とはいうと洗顔後に「化粧水」→「ラスター」→「UVクリーム」の順です。

 

現在は、化粧水をラスタークリームのなじみがより良い『ラスターミスト』に変えてケアしています。
「ラスター」のこともHP等でご覧いただいていたとのこと。

 

スタッフKを見て、M様は自分も「ラスター」の効果を実感したいと、その場で「ラスター」を購入してくださいました。

 

ご家族の方と一緒にお使いになりたいそうです。
また一つ「ラスター」の輪が広がりました。

 

スタッフKのように美白効果を出すためには、UVクリームとラスタークリームをセットで使うことです。
ただ、UVクリームはお肌に負担をかける物もありますので、最初に化粧水でお肌を保湿してから、水分にフタをするような感じでラスターを塗っていただけましたらと思います。

 

美白、ラスター

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

え?知らなかった!美白にも種類がある?美白予防と美白ケアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

え?知らなかった!美白にも種類がある?美白予防と美白ケアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 足や腕の色素沈着や黒ずみにも効果があるクリームは美白もできる?色素沈着を治す方法は?市販で手に入る?